HOME > カ・ラ・ダ ブログ > アーカイブ > 2012年3月アーカイブ

カ・ラ・ダ ブログ 2012年3月アーカイブ

週一回の加圧

こんばんはニコニコ



週1回の加圧トレーニングで食事もそんなに制限しているわけでもなく、体重が落ちて筋肉がついた!!キラキラ





という話を聞き、





嬉しく思いました。





1回、1回のトレーニングを大切にし、






積み重ねた結果だと思います!!






これからももっともっと進化していってほしいです。





皆様の身体が変わったとき。



身体には変化がまだ出ていないが「気持ちが前向きになった」という方。





こういった変化が起きるとめちゃくちゃ嬉しいですねニコニコ






こんなに楽しい事はないですニコニコキラキラ






さらに皆様が進化出来るように日々研究していきたいと思います!!キラキラ







加圧トレーニングスタジオ トリムボディ

高木 健太得意げ

シェイプアップ

こんばんはニコニコ


僕は結構コーヒーとか紅茶とかそう言ったものが好きかもしれません。






ですがコーヒーはブラック、紅茶はストレートってな感じにはいきませんニコニコあせる





必ず砂糖もミルクも入れますし、紅茶はレモンと砂糖をいれますね得意げ







最近は砂糖いれすぎは良くないので、砂糖のスティックを半分ぐらいのところでつまみ、半分だけ入るようにしています。





少しの違いですが、
毎日飲んだりしていると結果的にかなりカロリーをとってしまいます。






調味料もお醤油とか油とかその他いろいろなものを入れすぎるとやはりそこでもカロリーが増えます。







この少しの違いも積み重ねれば大きな違い。







こういったところでも意識してみます。





そして一緒に意識していきましょうニコニコ!!





東京文京区
加圧トレーニングスタジオ トリムボディ

高木 健太得意げ

腹筋

こんばんはニコニコ



腹筋。




腹筋は8つに割れている人。




腹筋は6つに割れている人。





割れていない人。






いろいろな人がいると思います。






体幹が強いと言われても必ずしもバキバキに腹筋が割れているかと言ったらそうでもない気がします。






割れてないから弱いは違う気がします。






体幹。





鍛えるために、身体を曲げる事を繰り返す腹筋。





日常生活ではそんなに腹筋をするときみたいに曲げないですよね!?






適度に強化する分には良いと思いますが、やりすぎると身体が曲がりやすくなってしまうと思いますガーン






捩る、曲げる、維持する、伸ばす。こんな使い方が腹筋にはあると思います。







いろいろな鍛え方をするといい気がしますキラキラ






僕もいろいろ遊びながら鍛えてます!!






トレーニングは楽しくやらなきゃですねニコニコキラキラ





トレーニングってアイデア次第で無限にありますねニコニコパー






研究に研究を重ねてよりよいものを実践したいものですね!!





文章を書いてると、最後の方は何を書いてるかわけわからなくなってしまいますガーン





僕はいつもこうなんですニコニコあせる




体幹はグラグラさせない。




出来るだけ固定して使う。





これが大事だと思います。




池袋 木場 本郷 恵比寿
4つ揃って
加圧トレーニングスタジオ トリムボディ

高木 健太ニコニコパー

身体の使い方

こんばんはニコニコ




トレーニングはフォームが大事だと思います!!







後は一見同じ動きに見えても効きが違っていたりします。







イマイチ効かないのは動きのどこかが間違っていたりすると思います。
修正が必要かもしれません。







腰が痛くなったりしてしまうのもお腹の力が抜けてしまいやすい動作をしているのかもしれません。






日常でも筋力トレーニングは出来ます。




階段をのぼったり、降りたり。





電車のなかはなるべく座らないようにしてみたり、立っては吊り革につかまらないようにしてみたり、
変な人覚悟で片足立ちしてみたりにひひ(笑)






出来るだけ便利なものに頼らないようにしましょう!!




しばらく使わないと物のありがたみも感じられ一石二鳥かもしれません。






あとは頭で空を押すようにまたは天井を押すようにすると重力にうち勝つ力が働き腹筋が鍛えられます。






気合いいれていきましょうニコニコ





文京区本郷
加圧トレーニングスタジオ トリムボディ

高木 健太ニコニコ

« 2012年2月 | メインページ | アーカイブ | 2012年9月 »

このページのトップへ